スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住信SBIネット銀行がVisaデビット付キャッシュカードの取扱いを開始

sbi001.png 
住信SBIネット銀行がVisaデビット付キャッシュカードの取扱いを開始します。

Visaデビット付キャッシュカードの取扱い開始について|住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、ポイントサイトの交換先として使用している方もいると思いますが、このキャッシュカードはICキャッシュカードとVisaデビット機能が1枚になったカードです。発行は、2016年1月27日(水)からとなります。

概要

名前のとおりですが、デビットカードの機能が付いたキャッシュカードです。

デビットカードとは、Visaのマークがあるお店でクレジットカードのように利用できるカードです。

利用代金は、即時に口座から引き落としされますので、口座残高の範囲でしか使用することができません。このため、クレジットカードに抵抗がある人でも使いやすいのではないかと思います。

また、発行手数料は無料、月間利用額の0.3%のポイント付与、スマートプログラムのランク判定対象と、住信SBIネット銀行を利用している人には作っても損は無いようなカードになっています。

スマートプログラムのランク判定

住信SBIネット銀行は、今まで毎月3回までは他行宛振込手数料が無料になっていましたが、1月からスマートプログラムが導入され、条件をクリアしないと手数料無料回数が減ってしまうようになりました。

スマートプログラム - ランク判定条件|住信SBIネット銀行

条件の中にデビット付きキャッシュカードの1万円以上の利用が含まれていますので、SBIハイブリッド預金(1円以上)や外貨預金(ランド8円前後)と組み合わせればランク2、3の維持が簡単になってきます。

気になる機能 Visa payWave(Visaペイウェーブ)

Visa payWave(Visaペイウェーブ)は、Visaが提供する非接触IC型の新しい決済方法であるVisa payWave(Visaペイウェーブ)を搭載した日本初のVisaデビットカードです。

と書いてあるものの、私もよく知らないので調べてみました。使用方法は、日本で言うEdyやSuicaなどと同じイメージですが、決済方法は搭載されたカードの請求に含まれるということなのでデビットの請求=即口座引き落としという点が、通常の電子マネーとは大きく違いますね。

いずれにしても日本では使用できるお店もないようなので、使うなら海外メインって感じでしょうか。

まとめ

これから口座開設をする人は希望すれば全員デビット付きキャッシュカードになります。

既に口座を持っている人は、平成29年3月までは切り替えが無料なので、スマートプログラムの導入により、ランク2の維持が難しくなっている人はカードの切り替えを検討してもいいかもしれません。

ただし、ランク条件のクリアには1万円以上の利用が必要になりますので、現在スーパーや薬局などで全て現金支払をしているような人が対象になります。デビットは公共料金などの月額利用料には使えませんので注意してください。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://raymond50.blog25.fc2.com/tb.php/2644-2b51e12d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

おすすめサイト

げん玉

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
GetMoney

トラフィックエスクチェンジ(白くま)
trafficexchange005.jpg 
マクロミル
マクロミルへ登録
キューモニター

最新記事

メニュー

openclose

ブログランキング

ブログランキング参加中
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 小遣いブログへ

プロフィール

Point Raymond

バナーを作成    

raymond

QLOOKアクセス解析 DTI SIMプラン

リンク集

Copyright © raymond
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。