スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不正アクセス対策をしよう!

other001.png  

先日不正アクセスに見事やられてしまい、1000円分のポイントをwebmoneyに交換されてしまいました。
かなり大変な目にあったので、私が取った対策をまとめておきたいと思います。

パスワードを使いまわさない

これは本当に重要です。

不正アクセスされるまで、私は6文字用、8文字用ぐらいでしかパスワードを分けてなかったんですが、一度悪用されると他のサイトのパスワードも全て変更する羽目になります。
私の場合、登録サイトが100近くあり、全て変更するのに2日かかりました。

とはいえ、全てのパスワードをバラバラにすると、覚えるのも面倒ですし、考えるのも面倒です。
私の場合は、以前からroboformを使用していたので、roboformのパスワード自動作成機能を使用しました。

roboformはフル機能版は有料ですが、ローカルでログイン情報を管理でき、会員情報の自動入力も可能なので、ポイントサイトを使ってる方におすすめです。試用版もあるので一度お試しください。 購入する場合、標準では年会費のかかるエブリウェアしか表示されていないので、「他のライセンスについて表示する」をクリックしデスクトップ版を購入することをオススメします。

メールの二段階認証を使用する

最近多くのポイントサイトが、ポイント交換にはメールによる認証や、ギフトコードをメールで送信する方式が増えています。
そういったポイントサイト側の対策も、自分のメールアドレスとパスワードが漏れていては意味が有りません。

そこで設定しておきたいのが二段階認証です。

二段階認証とは、通常のIDとパスワードに加えて、一定の時間内のみ使用可能なワンタイムパスワードを使用したログイン方法です。
よく使われるフリーメールのgmailとyahooメールは共に2段階認証が可能です。

yahoo、gmailどちらも、ワンタイムパスワードは認証アプリ(スマホ)、SMSを使用して確認します。 この設定はポイントサイトを使用していなくても絶対にしておいた方がいいです。
androidのスマホを使用している人は、googleアカウントは個人情報の塊ですし、yahooもついこの間情報流出があったばかりです。

バックアップを忘れずに

roboformや二段階認証はセキュリティを高めてくれますが、パソコンが壊れればroboformに保存したパスワードのデータも消えてしまいますし、スマホがなくなると二段階認証も使えなくなってしまいます。

そういう状況に備えるため、roboformには保存したデータの印刷機能があり、gmailにはバックアップコードの印刷という機能があります。

いくらデータに保存していても最後に頼りになるのは現実の紙です。
私の場合、銀行や保険などの書類と一緒に保管しています。

みなさん、不正アクセスには気をつけましょう!
スポンサーサイト

お小遣い稼ぎ用の環境を作る(2)

前回はブラウザを分けましたが今度はメールを分けます。
メールはoutlookやThunderbirdでプロバイダメールを使っている方が多いと思いますが、メールはGmailを使いChromeで管理することにします。

まずはGmailをこちらから使えるようにします。
chromeでGmailを開きタブを固定しておきましょう。
chrome01_20110307142522.png

Gmailではメールはラベルで管理します、まあ簡単に言えばフォルダ分けみたいなものです。
とりあえずラベル機能の説明のためGetMoneyに登録してみました、本登録まで完了したメールが来たらメールにスターを付けておきます。
chrome05.png 
この星マークはID,パスワードの記載のある重要なメールに付けておきましょう、あとで簡単に探すことが出来ます。

次にラベルを付けます、GetMoneyから来るメールはポイントが付いているのですぐにわかるようにしておかないといけません。
本登録のメールを開き、「その他の操作」の中にある「メールの自動振り分け設定」をクリックします
chrome06.png 

GetMoneyからのメールは全て同じアドレスから送られてくるので何も変更せず「次のステップ」をクリックしてください。

次にメールをどうするか設定するので下の画像のようにチェックして下さい。

chrome08.png 

・受信トレイをスキップ
GetMoneyからのメールは受信トレイに表示されなくなります。
・ラベルを付ける
受信トレイに表示されないのでラベルをつけて管理します。
・迷惑メールにしない
必要なメールは迷惑メールと判定されないようにしておきます。
・このフィルタを下記の○件のスレッドに適用する
既に受信済みのメールにもラベルを付けます。

チェック後に新しいラベルを選ぶとラベルを作る画面が出るので「GetMoney」と入力し「OK」をクリックしてください
chrome09.png 

あとは「フィルタを作成」をクリックすれば完成です。
左側の迷惑メールの下に「GetMoney」が出来てると思います、今後GetMoneyから来るメールはここで確認できます。

ラベルは今回サイト名を付けましたが、「ポイントサイト」なんかにまとめてもいいと思います。
クリックポイントの無いメールは既読にするとかも出来るのでやりやすいようにフィルタ設定してみてください。

お小遣い稼ぎ用の環境を作る

お小遣い稼ぎを始めるとわかると思いますが、案件登録をしないと簡単に換金ラインには到達できません。
しかし実際に案件登録するとスゴイ量のメールが来ることがすぐにわかりますが、これがお小遣い稼ぎを挫折する一つの原因だと思ってます、そこで私が実践している普段使いの環境とお小遣い稼ぎの環境を分けるってことを紹介したいと思います。

環境なんてPCを分けてしまえば簡単なわけですが、実際はそうはいきません、お小遣い稼ぎのためにパソコンを別で用意してたら元を取るのに長い時間がかかり本末転倒です。
そこで分けるのはお小遣い稼ぎに使うメールとブラウザ(ネット見るソフト)です、具体的にはGmailとGoogleChromeを使います。

Gmailを使うのはまず第一に迷惑メールフィルタが強力だということと、ラベル機能の便利さです、この二つを使いこなすことでメールの嵐なんてへっちゃらです。
次にGoogleChromeですが、これはまずユーザーデータを分けることが出来るということが大事です、そして動作が早く、Gmailとの連携が強力です、例えばメール内のリンクをクリックなんかも範囲内を全てクリックとか出来るわけです。

まずブラウザの分け方ですがとりあえずGoogle Chromeをインストールして下さい。
デスクトップにGoogleChromeのショートカットアイコンが出来ると思いますがこれは普段使い用とします。
次に普段使い用のショートカットをコピーします、名前は分かりやすく「Chrome小遣い用」とかしておきましょう。
この「chrome小遣い用」を右クリックしプロパティを開き「リンク先」を変更します。
「リンク先」の最後は「~chrome.exe」となってると思いますがこの後ろに「 --user-data-dir="..\User Data\point"」を追加してください。
chrome04.png 
追加したらOKでプロパティを閉じます、これで普段使いとお小遣い稼ぎ用を分ける作業は完了です、コピーした方はお小遣い用として使えます。
応用として「 --user-data-dir="..\User Data\point"」の最後の「point」の部分を変えれば家族アカウント毎に分けることができます。
家族アカウント別に分ければクッキーやID,パスワードなどを個別に管理できるのでかなり楽になると思います。

お小遣い用のChromeには前回紹介したExntensionの中から必要なものを入れておきましょう。

長くなったのでこの辺で終わります、次はGmailの使い方を紹介したいと思います。

おすすめサイト

げん玉

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
GetMoney

トラフィックエスクチェンジ(白くま)
trafficexchange005.jpg 
マクロミル
マクロミルへ登録
キューモニター

最新記事

メニュー

openclose

ブログランキング

ブログランキング参加中
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 小遣いブログへ

プロフィール

Point Raymond

バナーを作成     QLOOKアクセス解析 DTI SIMプラン

リンク集

Copyright © raymond
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。